のぼりべつクマ牧場

4.0 (3628)

2,800
  • 体験
  • 家族
  • 駐車場あり
  • キャッシュレス決済可

この提携店は以下の自治体の
トラベルポイントがご利用いただけます。

寄附してポイントをもらう
のぼりべつクマ牧場

のぼりべつクマ牧場は、支笏洞爺国立公園の山頂に建てられた日本の動物園として珍しい施設で、山頂にあるクマ牧場まで美しい景色を眺望しながらロープウェイで移動。山頂の施設には、北海道に生息するエゾヒグマが放牧されている「第1・第2クマ牧場」、世界唯一の「ヒグマ博物館」、日本屈指の透明度を誇る湖を眺望できる「クッタラ湖展望台」そしてアイヌ民族が明治初期に生活していた様子を再現した「アイヌコタン・ユーカラの里」などがあり、北海道の自然と文化を体験することができます。

フォトギャラリー

画像をクリックすると拡大表示されます。

詳細情報

サービス内容
【入園料】
大人 2,800円
小人 1,400円
※入園料にロープウェイ運賃を含みます。
※小人は4歳~小学生、3歳以下は無料
営業時間
9:00~17:00
※最終入園時間は営業終了の40分前まで
時期によって異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。
定休日
なし(但し、施設保守または悪天候によるロープウェイ運休時は休園)
決済方法
VISA/MasterCard/JCB/AMERICAN EXPRESS/PayPay/各種QRコード決済/各種交通系ICカード
駐車場の台数
150台
EV充電設備
なし
ご利用方法
予約不要
電話番号
0143-84-2225
その他備考
詳細は公式サイトをご確認ください。
公式サイト
https://bearpark.jp
アクセス
■JR「登別駅」より路線バスで約15分
■「登別温泉バスターミナル」下車、徒歩約5分
■「新千歳空港」より車で約60分
■道央道「登別東IC」より車で10分
住所
〒059-0551 北海道登別市登別温泉町224番地

感染症対策

施設内対策
飛沫防止パーテーションの設置
エレベーターの利用人数制限
施設内対策
出勤時の体調チェック
健康と衛生面の管理徹底
従業員のマスク着用については個人の判断としております。

ご利用前に必ずご確認ください

宿泊施設など、予約が必要な提携店のご予約はご自身で行う必要があります

  • ご予約は必ず現地決済を指定してください。

  • 各種予約サイトをご利用の場合は、
    要望欄に「ふるなびトラベル利用希望
    とご記入ください。

  • チェックイン時やお会計時には
    ふるなびトラベル利用希望」の旨を
    スタッフにお伝えください。

総合評価:4.0(全3628件)

評価:

昨今の、被害を知っているので、熊に対しては少し嫌悪感があったけど、ここの、熊博物館を見て、害獣と決めつけるのは人間から見ただけ、と気づかせてもらえた場所。 小規模ながらすごく勉強になりました。 展望台からの倶多楽湖も本当に綺麗でした 牧場の規模は小さいけど、ロープウェイからの景色や、熊を間近に見られる工夫(人間の檻)など、良かった。 ほのぼのと家族でほのぼのと過ごせます

評価:

ヒグマはやはりかっこよくて最高でした。 餌やりをしながらずっとみていられるレベルでした。小熊もかわいかった。景色も素晴らしかったです。お土産屋さんはイマイチ小さくてショボいです。

評価:

登別の温泉街から歩いて行ける熊のテーマパーク まずクマ牧場に行くには、ロープウェイを使って山頂付近に行く必要がある。 ロープウェイ乗り場に歩いていく場合は、高低差が激しい階段を登る必要があるので、体力が無いと結構疲れる。 ロープウェイ乗り場には、小規模なお土産屋とチケット売り場がある。 ロープウェイの中から望む景色もクマ牧場の一つの魅力だと思う。 ※ロープウェイのゴンドラはたまに、大きなクマのぬいぐるみがあったりする。 クマ牧場は大きく次のゾーンに分かれている。 1.クマ牧場ゾーン クマが居るエリア 正直あまり広くは無いように感じる。 オスのゾーンとメスのゾーンに分かれており、クマが人間を見上げるような構造になっている。 オスのゾーンは[ヒトのオリ]という透明なガラス張りのエリアがあり、目の前でクマを観ることができる。 エゾヒグマは大きく迫力があるものの、餌をねだる姿は可愛い。 餌を買ってクマにやることもできるが、クマがうまくキャッチできないとクラスに餌をもっていかれる。 2.リスゾーン エゾリスと中国産のリスが居る。 エゾリスの方は隠れておりあまり良く見えなかった。 3.クマのアスレチックゾーン 隠した餌をクマが見つけるというショーをやっている トレーニング中の若いクマだと途中でショーが終わってしまうことも、、、 4.アヒルの競争ゾーン 時間になると首に色が付いた輪っかをつけたアヒルがレースをする 一口¥200で何色が一着になるか券を買って見事あたるとキーホルダーが貰える 5.アイヌ生活資料ゾーン アイヌの民族的な家や道具などが展示されている スピーカーでアイヌ民族の歌?が流れている 6.博物館ゾーン 1Fはカフェと売店、2Fは博物館、屋上はクッタラ湖展望台になっている。 売店の品揃えはまあまあ、2Fの博物館は剥製多く以外と広い、屋上のクッタラ湖は良く見える。 帰りがけのロープウェイの終着点では、アイヌ民族の資料展示スペースがある。 「クマも良いけどアイヌ文化も見て行ってね!」という思いを感じる。 最後に入園料だが、大人¥3000,子供¥1500とやや高い気がするが、ロープウェイ代含め 観光地価格だとこんなものではないだろうか。 概ね3時間程度で全て回れたが満足な内容だった。 登別温泉街で観光するなら、ここでクマを観て、地獄谷を観て、温泉に浸かるのが鉄板だと思うぐらいには外せないスポットだと思う。

評価:

ガラス張りではありますが熊がすぐ近くで見られたり、エサをあげる際とても可愛い仕草をしたりと滅多に出来ない体験が出来とても楽しめます。より多くエサをあげて楽しみたい場合は500円(30個)のものをお勧めします。倶多楽湖が綺麗に見られる展望台も良かったです。

評価:

ロープウェイに乗って良い景色を楽しめ、熊🐻アヒル🐤リス🐿️も鮭トバ(笑)も見れる🎵 冬期間か熊🐻少なめ⁉️ 十分楽しい😆👍 博物館もさすが熊一色‼️ 堪能できました🎵 子供の頃来た時はもっと広く感じましたが、自分が大きくなったんですね-(笑)

現在、Googleマップに記載されている総合評価とレビュー件数を表示しています。(2024年6月6日 時点)

同じ地域の提携店

もっと見る

最近チェックした提携店

お気に入り

提携店の詳細ページでお気に入り登録をすると
ここに表示されます。