ふるさと納税で旅行に行こう!ふるさと納税「ふるなびトラベル」

北海道地方

北海道函館市

ホテル・旅館
21

函館市は、北海道の南端部に位置し、北国としては比較的温暖でありながら湿度が低く、夏に過ごしやすい気候風土で、美しい夜景や新鮮な海の幸、伝統的な街並みなどが特徴的なまちです。
津軽海峡と太平洋の2つの海に囲まれていて、東西から流れてくる海流や複雑な海岸線の恩恵を受けて豊富な漁場を形成しているため、四季折々の海の幸を楽しむことができます。
函館市内の駅前・元町エリアに代表される異国情緒あふれる街並みは、1859年の「箱館開港」から西洋文化をいち早く取り入れてハイカラな生活が始まったことにより形成されたもので、独特のモダンでレトロな雰囲気は今もそのまま残っています。

北海道函館市

地域のおすすめ

  • 2

    函館山展望台

    ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに3つ星として掲載された函館山からの眺望。空気が澄んでいて遠くまで見える秋、雪やイルミネーションとの競演がある冬、雲海が広がる春や、霧の隙間から幻想的な夜景が出現することのある夏など、函館の夜景は四季それぞれに見どころがあります。

  • 3

    新鮮な海の幸

    函館は三方を海に囲まれ、好漁場に恵まれいるので、獲れたてのイカや脂ののったホッケ、タコやブリなど、美味しい近海ものがたくさんあります。駅前の函館朝市の食堂や大門横丁には居酒屋、湯の川の温泉宿などで、新鮮な海の幸を楽しむことができます。

  • 4

    西部地区

    函館山のふもとの港に面した「西部地区」は開港の華やかな歴史を見つめてきた地域で、特徴的な建物が集まっています。旧函館区公会堂などハイカラ函館を象徴する洋館やクラシックな教会群、コンクリート造りの重厚なビルや1階が和風、2階が洋風の「和洋折衷の家」も、函館ならではのものです。

  • 5

    祝・世界遺産登録!縄文遺跡群

    函館を含む「北海道・北東北エリア」は、豊かな自然の恵みを受けながら1万年以上定住生活が送られ、縄文文化の花開いた場所。函館市では垣ノ島遺跡、大船遺跡などで、2021年7月27日に世界遺産登録・2021年7月28日に一般公開開始。

ホテル・旅館一覧

1~21件 / 全21

北海道函館市

最近チェックしたホテル・旅館

ホテル・旅館の詳細ページの閲覧で、ここに履歴が表示されます。

お気に入りのホテル・旅館

ホテル・旅館の詳細ページでお気に入り登録をすると
ここに表示されます。